乙女ゲームマラソン Z

vitaのオトメゲーをセイハするブログ

未クリア【薔薇に隠されしヴェリテ】

薔薇に隠されしヴェリテ - PS Vita

 薔薇に隠されしヴェリテ

ジャンル

会話タイプ

 フランス×歴史×いれかわり

時間 共通 約10時間 個別 約8.5時間 総プレイ 未確認
1人クリアして中断。
攻略人数 5人 制限 なし
ヒロイン

リーゼ(デフォルトネーム 変更可)

マリー・アントワネットの世話係。16歳。

特記 凄惨な描写あり。 公式HP(オトメイト

 

中断した理由

長過ぎる。長過ぎがすぎている。

長い長いとボヤいていた他の作品が一瞬にして霞むくらい長い。エンディングの差分を見た場合、一周目約20時間てもう緊急事態発生です。総プレイで20時間くらいが丁度良い乙女ゲームにおいて(私のみの偏った感覚)、キャラひとりで20時間とるというのは贅沢以外の何者でもない。そして長いことを理由にゲームを中断しまくる私も贅沢過ぎる。

 

ボリューム満点なゲームを中断しがちな理由

★コンスタントに記事をあげたいので、プレイ時間が長いと記事をあげる時間がなくなってしまう。

一日に2時間ほどしかゲームができないとすると、ひとりクリアするのに10日かかります。×5人で記事を上げるのが二ヶ月後っておま、という事態を避けたいと考えています。

★長くなるにつれ、どうしても飽きてしまう。

集中力の問題もありますが、長時間楽しみ続けるというのは特別な能力が必要とされると思います。最悪なのは、飽きがきた瞬間に作品の質に関わらず「面白かった」思い出が消えていくことです。それを防ぐために一旦距離を置きたいのです。

結論

今後もtooロング作品は後に回す可能性がスーパー

 

 

動乱のフランスを味わい尽くす

一言では表しにくい魅力を内包しているゲームでした。非常に独特で先が読めない。

長尺の理由のひとつとして、ヒロインがいないところで物語がバンバン展開するのです。教科書で見ただけの文字上の歴史ではなく、あの時代の現実のフランスで、一体何が起こったのかを読者に体感してもらうための装置の役割を与えられたのが、今作のヒロインであったように感じました。これは動乱の最中にいる娘の視点を借りた歴史物語なのだと。なので乙女乙女している作品とは言い難いです。歴史が嫌いな人には厳しいかもしれない。

けれど、なんだかどのキャラも奇妙な引力を持っているのです。良い意味で変わっていて、ベタな乙女ゲームのキャラとはかけ離れています。途中、何度も失神しながら朝を迎えつつも、攻略キャラに励まされるような形でなんとかクリアできました。最後にプレイ時間見て「嘘だろ」ってマジで5回くらい計算し直して愕然としたものです。そりゃ実際の歴史はもっと長いけども。随分短縮したほうだとは思うけれども。

 

今の状況では向き合ってがっつりプレイするのが難しいため、ゲームとゲームの合間を縫うようにやっていく感じになりそうです。

マラソンとか言っておきながら、こういうやり方ってどうなのかしらと思います。でも乙女ゲームと書いて苦行と読むなんて事態は絶対に嫌なのです。私は乙女ゲームに甘やかされたいので、私も乙女ゲームを甘やかしたいのです。なぜその時間が修行、はたまた苦しみに変わってしまうのでしょうか。正しく、楽しい気持ちで、最後まで乙女ゲームマラソンをやりたいのです。

でも私にとってそもそもマラソンは苦行だった。

 

 

 

薔薇に隠されしヴェリテ - PS Vita
 

まるで絵画のような世界観。

11★乙女ゲームの裾野をグワッと広げる【Side Kicks!】

Side Kicks!  - PS Vita

車を入れた理由がよくわかります。

Side Kicks!/サイドキックス!

ジャンル

会話タイプ

 現代アメリカ×サスペンス×刑事ドラマ

時間 共通 約4時間 個別 約2時間 総プレイ 15時間ほど

二周目以降は共通20分ほど。

攻略人数 6人 制限 あり(4人クリアでひとり解放、更にクリアで解放)
ヒロイン

 イノリ (デフォルトネーム 変更可)

予知夢を見られる20歳。

特記 ネタバレされないことを祈っています。 公式HP(オトメイト

 

ものすごくライトに全力で楽しめる。

バーガーショップのシェイクが超うまいみたいな気安さと親しみやすさと発見の感動を味わって、でも実はすごくこだわったミルク使ってんだよ温度管理も徹底されてるし機械も最新式だしそりゃうめーわ、と本気の一品だったと気がつく。このシェイクは期間限定で終わるととても寂しいけれど、ここはそもそもレギュラーのバーガーが超うまいので今後も楽しみなんです的な作品。これ伝わる?

 

もう少し極端なことを言うと、ゲームを起動した瞬間に手を掴まれて引きずりこまれた感覚がありました。一瞬、本当に呆然としてしまった。お客を全力で楽しませようとする、驚かせようとするゲームなんだとすぐにわかります。

ユーザー側もライトに全力で他人にオススメできます。それは「乙女ゲームをやらない人にも」という意味で。新たな入り口になるような作品だと思っています。

 

  • サスペンス好きだよ
  • 海外ドラマ好きだよ
  • 助手席に乗りたい

という方には良いのでないかしらと思います特に最後。


以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを想起しやすい感想を書いている可能性がありますのでご注意ください。

 

ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

続きを読む

【途中経過2】4月にキュンと気がついたこと

姓はラッパ寿司、名はハナ子

ここぞとばかりに名乗っとこ、ラッパ寿司ハナ子です。

あーもう4月……、4月も半ば……、現在10本記録(3本中断)しました。

やっと暖かくなってきて嬉しい反面、もう一年も半分か、と(6月に思うのが嫌だから早めに)思う。

 

 

 

 

 

気がついたこと

その1・やってみないとわからない。

私が勝手に自分をそう追い込んでいるだけなのですが、基本的には事前情報ゼロで始めるため、作品のことを殆ど知らない状態でプレイしています。とはいえ、パッケージや目に入る謳い文句、ネットを見ていて偶然入ってきてしまう情報などから想像して、ある程度はこんな感じかなーと思うこともあるのですが、まあ全然違うことのほうが多くて驚きます。良い方向に違うこともありますし、残念ながら悪い方に違うこともあります。やってみないとわからないです、本当に。

 

その2・速くて強い作品は少ない。

序盤からユーザーを捕らえて離さない、あの手この手でどうにか引きとめようとする作品はあまり多くありません。最終的に面白いと感じた作品も、最初はゆっくり始まるものが多いです。というのも、物語を見せることが目的の場合は強いヒキが必要になりますが、恋愛シミュレーションはユーザーに恋愛感情を抱かせることが目的なので、キャラとの交流が最も大切になるわけです。この感覚をつくるためには、吊橋効果のような即興的な疑似恋愛体験よりも、長い時間をかけてしっかりがっちりキャラと信頼関係を結ぶほうが確実です。人間関係は一朝一夕にはできあがりません。むしろゲームの中でとっとと関係ができあがると、ユーザーの心が追いつかず置いてけぼりになってしまうという最悪の結果につながります。

それは理解しているつもりなのですが、まあ飽きる。一周目の楽しさを忘れかけるくらい超飽きる。手っ取り早く恋愛したいと考えるユーザーもとい私の肩を乙女和尚が棒でバンバン叩いてくれたら良いんですけど、そんな人はいないので自分ひとりで頑張るしかありません。

 

その3・金太郎飴シナリオが憎い。

以前は「ちぇっ」くらいのものだったのに、フルコンプを掲げてしまっている現在ではこれほど簡単に憎しみに変わるのだと気がついた春。

 

その4・引っかからないテキストが一番良いテキスト。

これは引っかかるテキストを拝見したことで判明したため、怪我の功名というか素敵な気付きになりました。文章というのはどれだけ気をつけていても個性やクセが出るものと思いますが、ゲームをやっていてそこに気付いた瞬間「このゲームを作っている人がいる」という現実がちらつきます。乙女ゲームのお化けでもない限り当然作っている人は存在しているわけですが、私がキュンとしたいのはキャラにであってライターさんにではないわけです。ライターさんも見知らぬ黄色い三十路にキュンと来られては困るはず。なのでゲームを終えた時に一切の引っかかりを覚えなかったテキストには、ラッパ寿司乙女テキスト大賞を贈りたいくらい感謝しています。

私は乙女ゲームの地の文に表現力は大していらないと思っていますが、キャラの動きを上手に表しているテキストは大好きです。時々、どう動いたのかありありとわかるテキストがありますが、そういう時には文字と人の偉大さを改めて感じてしまいます。

 

その5・短い物語が好きなようだ。

小学生の時にタイタニックを見て寝落ちし、その後五回くらい見る機会があったものの結局この年まで通して見たことがない私からすると、90分や100分の映画は見る前から「めっちゃ面白い」と思ってしまいます。

ボリュームのあるものが好まれることも多いと思いますが、年をとるほど長く眠れない的なノリで長い文章が読めなくなっている気がします。長くて面白いと感じた作品ももちろんありますが、短いほど好感が持てます。

 

その6・キュンの正体に迫りつつある。

乙女ゲームマラソンをやりながら、私が密かに研究していることのひとつです。

常々不思議だと思っていたのですが、キュンとくるシナリオ=キャラを好きになるということが(私の場合は)必ずしも成り立ちません。キュン通り越してギャンギャンきやがるというシナリオのキャラを好きにならず、一度もキュンとしなかったシナリオのキャラを好きになることがよくあります。

好きの正体は趣味嗜好で心の問題です。ではキュンの正体って何なのでしょう。キュン死という言葉がありますが、死にかけるのは大袈裟としても、しばらく動けなくなるくらいの大ダメージを負ったことのある乙女は少なくないと思います。症状が出るというのは、体内で起きた何らかの事態のためにキュンとこさせる必要が出ている状態なわけで、心臓をドキッとするだけでは飽き足らず、なぜみぞおち辺りを狙ってキュンとさせなければならないのか、そしてこのキュンが人間にもたらす影響とは何なのか。研究という言葉を安易に使ったせいでそれらしいことを言わなきゃという気持ちになりましたが、特に本気で解明したいわけではないので終わります。

シンプルに

【集計1】滑り出しの良いバラエティに富んだ10本

10本クリアごとにデータを集計して一覧にしています。

 

 

続きを読む

10★正義とは、大切なものを守り抜こうとした結果【Collar×Malice】

Collar X Malice - PS Vita

現実に侵食してくる。

Collar×Malice/カラー×マリス/カラマリ

ジャンル

小説タイプ(軽アクション)

 現代×サスペンス×刑事

時間 共通 約1.5時間 個別 約5.5時間 総プレイ 30時間ほど

二周目以降はほとんど共通なし。最後のルートは6.5時間かかりました。

悲恋ENDやスチルを集めるのに+2時間ほど。

攻略人数  5人 制限 あり/二周目でひとり・全員クリアでひとり解放
ヒロイン

星野 市香 (デフォルトネーム 変更可)

警察官/21歳。事件に巻き込まれる。

特記 事件性が高く、シリアスの強い物語です。

公式HP(オトメイト

文章を読み進める以外の仕掛けが随所にありますが、テキスト量は最大だと思いますので小説タイプを選択しています。

 

何も説明したくない。

未プレイのユーザーにソフトをぎゅっと握らせて、「さ、もう行くんだ」とその背中を見送りたい。

何も調べずにプレイするのが一番幸福。

  • サスペンスが好き
  • どっしりとした真面目な話が見たい
  • 暴力・血の表現大丈夫です

という方には良いのでないかしらと思いますが、サスペンスが大丈夫なら一度は手を出しておいてほしいです。

 

以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 

ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

続きを読む

未クリア【神々の悪戯 InFinite】

神々の悪戯 InFinite 通常版 (特典なし) - PS Vita

神々の悪戯 InFinite

ジャンル

会話タイプ

 神話×学園

時間共通 約30分 個別 約2時間 総プレイ 未確認

2人クリアして中断。

攻略人数 12人 制限 あり
ヒロイン

草薙 結衣(デフォルトネーム 変更可)

神々に人間のことを教えるために「箱庭」に召喚される。

特記 二作目です。 公式HP(ブロッコリー

中断した理由

FDだったからです。

恥ず。

 

前作がPSPで出ており、二作目がPSPとvitaで出たようですね。こちらのInFiniteは二作目になります。

機種を跨いで新作が出る場合は、一作目も移植されているイメージがあったので、油断して購入してしまいました。

前作は8人が攻略対象(そもそも多い)、更に4人が増え(すごく多い)、こちらはその4人がメインのお話のようでした。一作目のif設定ということなので、厳密にいえば続編ではないのでやれなくはないと思います。

数多のイケ神に囲まれて学園生活を送りたかった。けれど、どうせだったらきちんと知りたいと思い、一作目の移植を待つことにしました。お預け神。

 

もし2017年中に移植やツインパックなどの情報がでなければ、PS storeでDL購入してvitaでやるか、PSPを本体ごと購入するかの選択肢があります。或いはこちらだけをやるか、終盤に決めたいと思います。

 

ところで今回のことに限らず、FDってすごくわかりにくいなあといつも困っています。ナンバリングするわけにいかないので仕方ないですけれども。ただ、FDがたくさん出ているゲームの場合はどれを先にやったら良いのか調べている過程で、一作目からサブタイトルがついていると混乱に拍車がかかるんですけどこれって老

 

 

神々の悪戯 通常版 - PSP

神々の悪戯 通常版 - PSP

 

 一作目です。

神々の悪戯 InFinite 通常版 (特典なし) - PS Vita
 

カズキヨネ先生の絵は乙女心をくすぐる。

9★EDまでわんわんと駆け抜ける【ヴァルプルガの詩】

ヴァルプルガの詩 - PS Vita

OPとEDが手放せない。

 

ヴァルプルガの詩

ジャンル

会話タイプ(地の文少なめ)

 現代伝奇ファンタジー×人外

時間共通 約4.5時間 個別 約1.5時間 総プレイ 11時間ほど

「次の選択肢までスキップ」できるので、二周目以降の共通は約30分。

本編は短いですが、スチルをフルコンプしようとすると+2.5時間ほどかかりました。

攻略人数 4人 制限 なし
ヒロイン

泉 詩生(デフォルトネーム 変更可)

犬が苦手で料理が得意な高校二年生。

特記 吸血/お色気描写あり 公式HP(プロトタイプ)

 

日常と非日常を強烈に分断する

序盤から衝撃的な描写がテンポよく開示されていくので、この雰囲気に「大丈夫」な人と「無理かも」と感じる人を早い段階でふるいにかけることができるのはとても良いと思います。

私は何度か「あれ、これ18禁の移植じゃないよね?」と心配になりました。

というのも今からすごく失礼なことを言いますけど、こちらのゲームのお面々はパッと見モブ顔なんですね。乙女ゲームに出てくるキャラというのは良くも悪くもアクが強く、現実には絶対いないというデザインやキレイ過ぎるお顔立ちがデフォルトだと思います。そういった華やかさはなく、逆に言うと日常系の作品ですごく映える絵柄だと思うのです。アニメでいうとめっちゃ動きそうな絵というか。

立ち絵をそういう目で見ていたものですから、スチルに切り替わった瞬間に本当に絶句しました。このゲームの肝はスチルです。動きます。スチルが動くんです。

でも今言いたいのはそこではありません。スチルの「色気がパない」ということを述べたいのです。特別にいやらしいことをしているわけではないのですが、妙に居心地が悪くなる原因は密着感の高さと手と舌。

 

  • 艶っぽい展開大丈夫です!
  • 動くスチルに興味があります!
  • わんわんとわんわんしたいです!

という方には良いのでないかしらと思います。

 

以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 

ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

 

続きを読む