乙女ゲームマラソン Z

vitaのオトメゲーをセイハするブログ

未クリア【神々の悪戯 InFinite】

神々の悪戯 InFinite 通常版 (特典なし) - PS Vita

神々の悪戯 InFinite

ジャンル

会話タイプ

 神話×学園

時間共通 約30分 個別 約2時間 総プレイ 未確認

2人クリアして中断。

攻略人数 12人 制限 あり
ヒロイン

草薙 結衣(デフォルトネーム 変更可)

神々に人間のことを教えるために「箱庭」に召喚される。

特記 二作目です。 公式HP(ブロッコリー

中断した理由

FDだったからです。

恥ず。

 

前作がPSPで出ており、二作目がPSPとvitaで出たようですね。こちらのInFiniteは二作目になります。

機種を跨いで新作が出る場合は、一作目も移植されているイメージがあったので、油断して購入してしまいました。

前作は8人が攻略対象(そもそも多い)、更に4人が増え(すごく多い)、こちらはその4人がメインのお話のようでした。一作目のif設定ということなので、厳密にいえば続編ではないのでやれなくはないと思います。

数多のイケ神に囲まれて学園生活を送りたかった。けれど、どうせだったらきちんと知りたいと思い、一作目の移植を待つことにしました。お預け神。

 

もし2017年中に移植やツインパックなどの情報がでなければ、PS storeでDL購入してvitaでやるか、PSPを本体ごと購入するかの選択肢があります。或いはこちらだけをやるか、終盤に決めたいと思います。

 

ところで今回のことに限らず、FDってすごくわかりにくいなあといつも困っています。ナンバリングするわけにいかないので仕方ないですけれども。ただ、FDがたくさん出ているゲームの場合はどれを先にやったら良いのか調べている過程で、一作目からサブタイトルがついていると混乱に拍車がかかるんですけどこれって老

 

 

神々の悪戯 通常版 - PSP

神々の悪戯 通常版 - PSP

 

 一作目です。

神々の悪戯 InFinite 通常版 (特典なし) - PS Vita
 

カズキヨネ先生の絵は乙女心をくすぐる。

9★EDまでわんわんと駆け抜ける【ヴァルプルガの詩】

ヴァルプルガの詩 - PS Vita

OPとEDが手放せない。

 

ヴァルプルガの詩

ジャンル

会話タイプ(地の文少なめ)

 現代伝奇ファンタジー×人外

時間共通 約4.5時間 個別 約1.5時間 総プレイ 11時間ほど

「次の選択肢までスキップ」できるので、二周目以降の共通は約30分。

本編は短いですが、スチルをフルコンプしようとすると+2.5時間ほどかかりました。

攻略人数 4人 制限 なし
ヒロイン

泉 詩生(デフォルトネーム 変更可)

犬が苦手で料理が得意な高校二年生。

特記 吸血/お色気描写あり 公式HP(プロトタイプ)

 

日常と非日常を強烈に分断する

序盤から衝撃的な描写がテンポよく開示されていくので、この雰囲気に「大丈夫」な人と「無理かも」と感じる人を早い段階でふるいにかけることができるのはとても良いと思います。

私は何度か「あれ、これ18禁の移植じゃないよね?」と心配になりました。

というのも今からすごく失礼なことを言いますけど、こちらのゲームのお面々はパッと見モブ顔なんですね。乙女ゲームに出てくるキャラというのは良くも悪くもアクが強く、現実には絶対いないというデザインやキレイ過ぎるお顔立ちがデフォルトだと思います。そういった華やかさはなく、逆に言うと日常系の作品ですごく映える絵柄だと思うのです。アニメでいうとめっちゃ動きそうな絵というか。

立ち絵をそういう目で見ていたものですから、スチルに切り替わった瞬間に本当に絶句しました。このゲームの肝はスチルです。動きます。スチルが動くんです。

でも今言いたいのはそこではありません。スチルの「色気がパない」ということを述べたいのです。特別にいやらしいことをしているわけではないのですが、妙に居心地が悪くなる原因は密着感の高さと手と舌。

 

  • 艶っぽい展開大丈夫です!
  • 動くスチルに興味があります!
  • わんわんとわんわんしたいです!

という方には良いのでないかしらと思います。

 

以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 

ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

 

続きを読む

8★心を鬼にして振るうムチ、それこそが愛【KLAP!!】

KLAP!! ~kind Love And Punish~ - PS Vita

教師として就任したはずが、なぜか調教師をやることになったのである。

KLAP!!

ジャンル

会話タイプ×リズムタッチ

 現代×人外×学園コメディ

時間共通 約2.5時間 個別 約2時間 総プレイ 18時間ほど

二周目以降、共通1時間。

攻略人数  6人 制限 1人クリアすれば解放されます。
ヒロイン

山城 暦(デフォルトネーム 変更可)

新米教師、いや新米調教師の23歳。

特記 生徒を調教せねばならない覚悟が必要です。 公式HP(オトメイト

 

一線を画すモノづくりに迫る

乙女の定義がほつれたボタンくらいぶらんぶらんですが、生徒を苦しめるわけにはいかないという事情があってしかたなく彼らに調教を施さなくてはならないゲームです。誤解してはいけません、何も好きでやっているわけではないのです。それが仕事だし彼らにとっては必要なことだし本当はすごく嫌だし興味もないけど心を鬼にしてやらなくては何よりこの作品のウリだし?

当然浮かんでくる疑問はきちんとゲーム内で答えてもらえます。正当な理由の元、やらなきゃいけないことなので、調教するのは理解しました。

でも色気出す必要ある?あるの?あるんですね?あるからこうなったのでしょう。

 

このテの作品というのは大手振って「好きなんだよね!」と言いにくいところがありますが、大体ストーリーが良いという評価もセットになることが多いかと思います。際立ったウリはあれど、いや、話が良いんだって。ほんと、マジ泣けるからなどとユーザーに言い訳させてくれるというか面目が立つという、購入後のフォローもばっちりご多分に漏れずKLAPもストーリーはすっごく真面目ですし、調教だってお互いド真剣にやっているので気まずい思いをしているのはそもそもユーザーのみ、具体的に言うと私だけでした。

前情報が一切なかったのでリアルに!?が頭から飛び出て未だに帰ってきていません。とはいえ、仕事としてこなさなくてはクリアできないぞ。たとえ吐息に邪魔されたとしても、冷静に。喘がれたとしても、無表情で。心を殺して、死んだ目で、ただひたすらにムチを振るおう。さすれば道は拓け注・調教システムは飛ばせるそうです。

 

  • 調教に興味がある
  • 調教はしたくないけど興味はある
  • 別に全然調教とかどうでも良いし興味もないけどネタというか話題というか仮にやったとしてもそのシステムは飛ばすけど一応念のためどんなものか見ておくくらいはしておこうと思ってるけどそれ以上の意味はないですね

という方には良いと思いますよ、すごく。

 


以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 

ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

 

続きを読む

7★帰るまでが遠足ならば、エピローグまでが乙女ゲーム【NORN9 VAR COMMONS】

ノルン+ノネット ヴァール コモンズ - PS Vita

EDを10回も迎えました。

そして思うのは、10回も迎えることのできる作品だということ。

NORN9 VAR COMMONS/ノルン+ノネット ヴァールコモンズ

ジャンル

会話タイプ(地の文やや多め)

 SF×共同生活×ワイワイ

時間共通 約1時間 個別 約2時間 総プレイ 19時間ほど

序盤でパートナーを選ぶので、二周目以降の共通は殆どありません。

全員の悲恋END回収で+2~2.5時間ほどです。

攻略人数  9人 制限 ルート制限(3人)/全員攻略後真相ルート
ヒロイン

こはる/久我 深琴/不知火 七海 (デフォルトネーム 変更可)

特記 ご覧の通り、ヒロインが3人もいる。 公式HP(オトメイト

 

実験的な乙女ゲーム

ヒロインが3人、攻略キャラが9人」それだけでも話題性は充分ですが、何よりも驚いたのは乙女ゲームを始めたはずが、なぜか小学生男子・空汰くんとしてプレイさせられたことです。新しすぎるだろう。というのも、まずは3人のヒロインを客観的に見る役割が必要だったのだと思います。

 

3人のヒロインたちは単にヒロインとして存在しているのではなく、主人公に選ばなかった場合は共同体の一員として、つまりサブキャラとして物語に関わることになります。

ユーザー=ヒロインではなく、確固たる人格を与えられ、完全フルボイス・立ち絵つきの「登場人物のうちの一人」で、漏れなく全員個性的です。更に、ヒロイン1人につき攻略キャラが3人とカップリングが固定されています。9人から選べるわけではありません。

 以上の仕組みを受け入れるのに少し時間がかかりました。乙女ゲームに馴染みのある人ほど戸惑うかもしれません。ヒロイン達を好きになれるかが評価の大きな分かれ目だろうと思います。

 

  • 壮大な物語がみたいよ
  • SFに興味あるよ
  • ユーザー=ヒロインでなくて構わないよ

という方には良いのでないかしらと思います。

 

以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 

ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

 

続きを読む

6★喧嘩して番長目指す系女子を乙女って呼ぶ新時代の幕開けに立ち会う【喧嘩番長乙女】

喧嘩番長 乙女 (特典なし) - PS Vita

怖い人達に絡まれた時の恐怖感が皆無のゲーム

喧嘩番長乙女

ジャンル

ボタン入力+選択肢

 現代×学園×入れ替わり番長生活

時間 共通 約3.5時間 個別 約2.5時間  総プレイ 17+4時間程

二周目以降は共通30分ほど、上手にやればもっと短縮できます。

恋愛ENDと友情ENDがあるので、

分岐でセーブしておけばひとり1~1.5時間くらいで回収できると思います。

攻略人数 5人 制限

あり(4人のEND後に1人解放)

ヒロイン

中山 ひなこ (デフォルトネーム 変更可)

双子の兄ひかると入れ替わってヤンキー男子校へ入学することになる格闘技の使い手。

ひかる以外からは、「ひかる」と呼ばれることになります。

特記 メンチは挨拶、喧嘩はコミュニケーション。 公式HP(スパイクチュンソフト

 

喧嘩番長とは

バッリバリのゴッリゴリに不良が喧嘩しまくるゲームです。間違っても乙女が手を出すジャンルのゲームではないはずです。乙女はナンチャラ連合とかタイマンとか仁義なき覇権争いとか超どうでも良いよ、どうしちゃったんだよ、と我が目を疑いましたが、喧嘩番長乙女という字面が既におもしろい。興味が止まりません。

とはいえ本家はアクションゲームですが、乙女は乙女らしくシンプルなボタン入力の喧嘩バトルに落ち着いています。遊びの要素はありつつも、基本的に物語を読み進めていくスタイルは他作品と変わりません。選択肢によって漢度と乙女度のどちらかが上がり、友情ENDと恋愛ENDに分岐していく点が特徴的。

乙女向けに作られているのでシステムを簡素化し、クリアできない場合に救済措置があるとはいえ、シナリオはぬるくありません。

のっけからバカバカしいほど無茶で強引な設定をテンポよく説明したかと思いきや、いつの間にやら本気と書いてマジ、今の時代ならガチ、ヤンキーベースの世界観は盤石で、しっかりがっつり喧嘩する日々にすっかり居心地の良さを感じます。

暴力や不良を肯定するわけではないけれど、拳で語り合うことなどないこの時代だからこそ、逆に乙女界で流行るんじゃないかと思えるほどヤンキーの魅力を最大限に引き出している作品でした。

 

  • 硬派なシナリオを見たい
  • 男同士の友情が好きだ
  • そういえば番長になってみたかった

という方には良いのじゃないかしらと思います。

 

以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 

ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

続きを読む

【途中経過1】3月の心境は宝箱

姓はラッパ寿司、名はハナ子

こんばんは、ラッパ寿司ハナ子です。

乙女ゲームマラソンなるものを勝手に初めて早二ヶ月……。

現在5本記録(2本中断)しました。今後、5本ごとに途中経過を挟んでいこうと思います。

 

 

 

 

現在の心境

その1・大変。

何が大変かというと、ゲームの時間をひねり出さなければいけないのが大変。一分ごとにスケジュールが決まっているわけでなくとも、ゲームばかりしていられないのがアラサーというもので、むしろ時間がたっぷりある時ですら、ゲームばかりしている姿を家人に見られるのに抵抗があるというアラサーのプライドがものっそい邪魔をしてきます。

なのでマックスで一日5時間くらいしかできません。平均2時間弱が良いところだと思います。何ができるんだよ! と思いますが、5時間で共通ルートが終わり、2時間で個別ルートが終わるという見事な采配で成り立っていることが分かる人には分かるでしょう。ちなみにわからなくてよいでしょう。

なので、これくらいの時間で終わる乙女ゲームがスーパーありがたいです。

 

その2・色々な乙女ゲームがあるのだなあ。

まだ記事を書いていないゲームも含め十本ほどやってみて思ったことは、どのゲームにも特色があって、まったく被っていないのがすごいってことです。

扱う素材が同じことはあるのですが、調理方法が全然ちがいます。あれー、こう来るー? なんて感じる時が、すごく嬉しい瞬間です。

以前、親戚のキッズが「vitaって乙女ゲームばっか出してるよね」と笑いながらかましてきましたが、マラソン始める前の私もそう思っていました。新作のゲームをチェックしていると、必ず乙女ゲームがちらつきます。やっていなかった人間からすると、どれもこれも一緒に見える。ギャルゲー然り、洋ゲ―然り、全部同じに見えますがもちろん全部違うのですね。

ゲームというのは、宝箱みたいなものです。外からではわからない、開けた者にしかわからない幸福がある。だから私は全部やる。ダンジョンの宝箱は全部取らないと気が気じゃない派です。そんなだから、モンスター入りの宝箱も開けてしまうのだなあ。

 

その3・乙女ゲーム以外をやりたくなっている。

 

その4・楽しくない時もある。

楽しい時は言わずもがな、記事にもたくさん書いています。でも楽しくない時のことは殆ど書いていません。楽しくない原因がゲーム側にあるとするなら、それは不満点という形で書くべきなのかもしれませんが、基本的には私の問題だと判断しているので、不満を書く場合はあくまでひとつの情報という形を心がけて書いています。

たとえば「好きになれるキャラがいない」とか「話が面白くない」といった感想は、私の主観に基づく場合が多いです。「どこかで見たことのある展開」「リアリティがない」というのは私の経験から導き出されたものです。「システムが不親切」「他のゲームにあるものがない」といったものは、数をこなした人しか感じない場合が多い。

「何を楽しく感じなかったか」を書くことは建設的だと思いますが、一記事は約3000字で作っているので、伝えたい魅力を優先すると不満点まで回らなくなるという現状もあり、なかなか悩ましいところです。

この一連の作業そのものが、イケメンに囲まれてモテモテになるだけでは、女性は決して幸福になれないという暗喩なんでしょうか。違うんでしょうか。

 

その5・楽しいし、楽しみ!

気がつけばもう三月。

卒業と入学あるいは入社、お腹の痛くなる季節もとい一年の四分の一が終了します。

特別なイベントに巻き込まれるような生活を送っていない私からすると、この乙女ゲームマラソンは謎に自分に課した謎のイベント、それ自体が謎そのものなわけでこの謎の生活がとっても楽しくなっています。

こんなことを思いつかなければゲームをまとめ買いすることもなく、次はこいつだあ、と新しいゲームにわっくわっくすることもなく、vitaにズラアと並ぶアイコンを見るたびに神妙なツラになる、という経験をすることはなかったでしょう。

このマラソンをやっている最中にも新作のゲームがわさわさ出ているので、それだけで多幸感が尋常じゃないです。前までは、まーた乙女ゲームかいと思っていたのに、認識を模様替えした途端にこれである。頭の中春仕様。

 

★まとめ

乙女ゲームマラソンは楽しいよ!

でも失っているものも確実にあるよ!

5★悪魔がいることに慣れたらおしまい【ソラユメ】

ソラユメ

 PS2版のパッケージは青空でしたが、PSP版からは夕焼けに。

ソラユメ

ジャンル

会話タイプ(地の文0)

現代ファンタジー×悪魔その他/共通はコメディ強め

時間共通 約1時間 個別 約1.5~2時間 総プレイ 14時間ほど

「次の選択肢までスキップ」機能があるため、二周目以降の共通はあっという間

攻略人数 6人 制限 なし
ヒロイン

守永 皐月(デフォルトネーム 変更可)

高校2年生の骨董屋の娘

デフォ名でも音声なし
特記 おすすめの攻略順があるようです

公式HP(TAKUYO

 

古き良き恋愛ゲーム

総プレイ時間が14時間と、非常に短いです。

この短さの割に充実感があるのは、全体が会話のみで進むのでテンポが異常に良く、さくさくっと進められるのが原因だと思います。この会話のみのやりとりは、古き良き恋愛ゲームを思い出します。個別ルートへ入る分岐が、一見わからないのも古き良き恋愛ゲームを思い出します。そして全体的に、古き良き恋愛ゲームです。

というのも、発売日が2008年……なんと9年前にプレステ2から出たゲームです。

ホームページの雰囲気、音質、絵柄、おまけボイスのノリ、どれをとっても当時感がゴイスー。そもそも会社のHPからしてレトロ感があります。老舗です。

プレステ2と聞くだけで「古い」と頭に過ぎります。一番お世話になった機体だけに、「延々とゲームだけをしていても良かったあの頃」を思い出して思わず切キュン(切なくて、キュン)

つまり、そもそもその雰囲気が大丈夫だという方にしか受け入れられない作品だと思います。当時の評価がどれだけ良くても、その時の「新しさ」や「流行り」というものを多分に含んだ結果です。この約10年に技術はずっと進歩し、数多くの作品が生み出されたわけですから、見劣りする部分があって当然です。

そうした部分の見ないふりはできませんが、元々の作品の魅力に加え、今だから言える良いこともありましたので書いて参ります。

 

  • ふるさには耐久あるよ、むしろ昔のノリが好きだよ
  • コミカルで会話の楽しいゲームをやりたいよ
  • 花とゆめコミックスが好きだよ(ものすごく勝手なイメージ)

という方には良いのでないかしらと思います。

 

以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 

ちなみにこんな感じでプレイしています。 

zonna.hatenablog.com

続きを読む