乙女ゲームマラソン Z

vitaのオトメゲーをセイハするブログ

23★悪でなければ悪魔にあらず【SWEET CLOWN 午前三時のオカシな道化師】

 SWEET CLOWN 午前三時のオカシな道化師

帰り道のことは忘れてしまいなさい。

SWEET CLOWN 午前三時のオカシな道化師/スイクラ

ジャンル  小説タイプ    現代×ダークファンタジー×悪魔 
時間 共通 3時間 個別 2~3時間 総プレイ 20時間ほど 

二週目以降、共通30分ほど

二種類のEDがあり、もう片方の回収に30分弱

両方のEDを見ることで真相ルートが開く

バッド含めてすべてのEDを見ると特典画像が見られる

この回収に+1時間弱くらいです。

攻略人数  5人  制限 有 (全キャラ2種ED後に開放)
ヒロイン

 橿野 柘榴(かしの ざくろ)名前変更可能

  罪悪感を抱えながら、取り繕って生きている難儀な17歳

特記事項 公式の推奨攻略順あり 公式HPTAKUYO

 

シリアスな世界観で行われる、ゆるいやりとり

バカみたいな感想が許されるのなら、「なんか不思議な話だったわ!」で終了させて頂きたいところですが、それなりに大人なので何が不思議だったのかを人に説明できないといけません。

おそらく、世界観のベースが現代なのに、その上にガッツリ童話的要素が乗っかることによって、その狭間のもわもわした部分で物語が展開するからかなぁと思います。

リアルでもファンタジーでもなく、線引が明確に行われているわけでもなく、かといってすべてを不思議なこととして片付けるのではなく各々理論を展開するので、その瞬間は現実が垣間見える。

くわえて暗くて深刻な雰囲気を醸し出しておきながら、ボケてないのにボケているようにしか見えないキャラたちのおかげで、一言で表すならばずっとシュールです。それってつまり、不思議ってことですよね(きちんと説明できました)

 

初回プレイで一直線に共通BADへ突っ込んだ私は、おとなしく推奨攻略順に則ってやり直してみましたが、ネタバレという意味では確かに推奨されている順番でやったほうが良いと思います。

ただフルコンプを目指していない方は、迷わず好きなキャラにゴーイングするべき。フルコンプする体力が残らないかもしれないので。

 

 

 

 

  • ゴシックホラーが好きだよ
  • 理屈っぽいの、逆にほわほわしたのも大丈夫だよ
  • 欝要素、バッドエンドにも耐性あるよ

という方には良いのでないかしらと思いますが、乙女ゲームビギナーにはあまりオススメできません。

 

 以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 


ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

続きを読む

22★みんなルシファーってことで!【DYNAMIC CHORD feat.[rêve parfait] V edition】

【通常版】DYNAMIC CHORD feat.[rêve parfait] V edition - PS Vita

頭の中で鐘が鳴っとる。

ダイナミックコード レーヴパッフェ/レヴァフェ

ジャンル  小説タイプ    現代×バンド×高校生
時間 共通 2時間 個別 1.5時間×2 総プレイ 20時間ほど 

二週目以降、共通15分程度

PCで発売された本編+アペンドディスクの2本分が収録されています。

アペンドは最初から個別ルートです。

スチル集めるのに+2時間ほど。

攻略人数  4人  制限  なし
ヒロイン

 上遠野 理緒 (名前変更可能)

 レヴァフェのマネージャーを務める高校二年生

特記事項  みんなチャラいぞ 公式HP(honeybee black)

 

良い意味での子どもの恋愛

DYNAMIC CHORDはシリーズごとにそれぞれのバンドのメンバーと恋愛ができるゲームです。

まず攻略対象全員が、がっつりバンドマンというゲームは他にありません。更にそれがバンドのドキュメンタリーという位置づけ、OPやEDもバンドのPVという扱いなので、スタートから一気に世界観に引きずり込んでくれます。

コンセプトの明確さと徹底したプロモーションにすごく好感が持てました。

 

一発目のレヴァフェは高校生バンドなので、バンド結成という青春要素を絡めつつ恋愛が進行する、というみんな好きなやつ!状態なのですが、さすがはバンドマンというべきかまったく爽やか嗜好ではありません。

かといって地下のじめっとした空気でもない。高校生×バンドの良いところも悪いところもさらったような作品でした。

特に気になったのは、三十路がやったら一発アウトなことを平気でやりあうそれぞれのキャラの未熟な人間性です。いかんせんヒロイン含めて全員高校生なので、大人から見た時にそれアカンという行動が散見されます。

「ガキか」の一言で片付くようなことが度々起こるのですが、しかし彼らは正真正銘のガキなのです。シカトしたり怒鳴ったり、閉じこもったり勝手にどこかへ行ったり、大人同士では起こらないこと、避けられることも、子ども同士なのですぐに感情を優先してしまう。

それがなんともイライラするのですが、若さってこうだよね、他人を思いやる余裕なんてないよね、という説得力がありました。そして「子どもっぽいところも可愛いんだよね」とか言えちゃうヒロインの包容力の前に膝を折ることになるのです。

 

Q、「まずは落ち着いて話し合おうねええええ」と全員にゲンコツしたかった私って一体?

A、ガキ(30)

 

 

  • バンドマンが好きだよ
  • チャラチャラしてる、女性にだらしなめのキャラ大丈夫だよ
  • 甘やかしたいし、甘やかされたいんですけど

という方には良いのでないかしらと思います。

 

以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 


ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

続きを読む

21★名誉ではないけれど、ひとつの勲章ではある【ニル・アドミラリの天秤】

 ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 - PS Vita 

名誉も勲章もいらないといえる人になりたいけどさ。

ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚/ニルアド

ジャンル  小説タイプ    大正×特殊能力×本
時間 共通 2.5時間 個別 3時間 総プレイ 22時間ほど 

二週目以降は共通20分

スチル集めるのに+1時間ほど

真相あり

攻略人数  6人  制限 有 (4人攻略後、順番にふたり解放)
ヒロイン

久世 ツグミ (名前 変更可)

事件をきっかけに、能力に目覚めたお嬢様

特記事項 CERO D作品  公式HPオトメイト

 

CEROと恋愛のABC

この世の中は、綺麗なものだけで構成されているのではありません。

30年生きていれば、それなりに色々と目にします。だからこそ物語の中にはきれいなものを求めてしまうのかもしれません。

きれいなものとは美的なことだけではないです。ほしいのは整合性です。物語には道理が必要であり、混沌としているのは現実だけで充分なのです。

 

さて、ゲームプレイ中に私は激しく動揺することとなりました。

大正時代の華族のお嬢様であるはずのツグミちゃんの貞操観念が、恋をした途端にはじけ飛ぶからです。いえ、はじけ飛ぶのは良いのです。恋愛というのは飛んでなんぼ。ただ、はじけ飛ばすからには、理由や事情、あるいはめくるめく情動、つまり大義名分もとい乙女の言い訳ってやつが必要なはずではないか。

 

なんだか男らしいくらいにコトがスムーズに運ぶのです。 ABCと順に進んでほしかったけれど、フルスロットルでCERO Dに入ったなぁという印象が強いので、このことに関して好意的に受け取れる層と、受け取れない層で評価が著しく変わってくる作品だと思います。それくらいに重要な要素なのだと気づけたキッカケになりました。

私なんぞは、いいんか、おい、ツグミ、いいんかこんなところで、とアワアワしました。直前まで致す気配を感じなかったのでビックリしたし、それ以前の淡い記憶が吹っ飛んだ、なくても良かったというのが本音です。

しかし実際の大正の人々すべてが清く正しく生きたわけでもあるまいし、ましてや恋愛中の身、ただでさえシリアスな物語というのはイチャつけないことが多いので、そこを優先しようとするのは乙女ゲームとして間違った姿ではないとも思っています。

 

 

  • 大正時代が好きだよ
  • さとい先生の絵が好きだよ
  • イチャイチャしてほしいし上記のようなできごとはむしろバッチコイ

 という方には良いのでないかしらと思います。

 

 以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 


ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

続きを読む

【途中経過4】2月は読み飛ばしながらデザインの変更

姓はラッパ寿司、名はハナ子

まいど、乙女ゲーばっかやれていないラッパ寿司ハナ子です。

時が経つの、早すぎないかい。



 

 

 

 

 

以下、乙女ゲームについて徒然雑記 

続きを読む

20★ヒロインとは誰がために【クランク・イン】

 クランク・イン - PSVita

両手にイケメンを携えるのは、ヒロイン(と金持ち)にしかできない。

クランク・イン

ジャンル

小説タイプ

 学園×映画×現代

時間 共通 約1.5時間 個別 約45分 総プレイ 16時間ほど

 前半でふたつのルートに分かれるため、

 それぞれの共通ルートが1.5時間、二周目以降は40分ほど。

 EDが二種類あるので、もう片方に約30分。

 スチル回収に+30分。

 一周がすごく短いですが、回収のための周回が多いです。

攻略人数  7人 制限  あり(特定の人物攻略後、一人解放)
ヒロイン

 橘 文月(デフォルトネーム 変更可)

 中学の時に見初められて、映画のヒロインに。

 その後、大学生になり劇団に入る。

特記  中学生編から始まるよ。 公式HP(プチレーヴ)

 

物語の中で成長する(心ではなく、体が)

純粋な現代もの、更に映画をテーマにした恋愛というだけでも目新しいのですが、クランク・インの最大の特徴は、物語の始まりが中学生ということでした。

一周目が135分、二週目はスキップを使って約90分と映画一本分並の時間の中、ここまで真っ当に成長するという二部構成の作品をプレイするのは初めてです。

青春を共にした彼の成長した姿を見られるなんて、それだけでお得じゃありませんか。

 

同窓会のようなものって、人の心をくすぐるのだと思います。

高校進学後に中学の友人と会うと気恥ずかしいやら楽しいやら、たかだか数ヶ月の再会でも色々な変化があって、それだけでワイワイできたことを思い出しました。

これが成人式あたりでの再会だと、飲み会も開けちゃうので更にワイワイしますよね。

そして三十路くらいで再会すると、なんだか色んなことに開きがあって、もうワイワイなんか決してできなかったりしますし、

「今何やってるの?」

乙女ゲーム

という会話なんかしたらその後どうなっちゃうかわかるくらいには大人になったので、そもそも再会しないように引きこもる、結果乙女ゲームが捗る、といった決してヒロインにはなれないZ女スパイラルに嵌っていることに気がついたところであけましておめでとうございます2018年。

 

 

  • 時の流れを感じたいよ
  • 色んなお話が読みたいよ
  • さっくり遊びたいよ

 という方には良いのでないかしらと思います。

 

以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 


ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

続きを読む

19★悲しみよりも、嬉しいときに泣いてしまう【吉原彼岸花 久遠の契り】

 吉原彼岸花 久遠の契り - PSVita

女が喜んで嬉しいのは、だあれだ。

吉原彼岸花 久遠の契り

ジャンル 小説タイプ(三人称) 江戸×遊郭×悲恋
時間 共通 約1.5時間 個別 2.5時間 総プレイ 17+2時間ほど

二周目以降は共通10分程度。

バッドエンドなどの回収に+2時間ほど。

攻略人数  6人 制限  あり(1人制限、真相あり)
ヒロイン

 凛(デフォルトネーム 変更可、音声なし)

 源氏名の『千早』は固定、音声あり

特記  R18の移植作品です。  HP(MariaCrown/プロトタイプ)

 

吉原ってナニ?

時に柔和な表現で婉曲に、時に身も蓋もない言い方で、ガッチリしっかり丁寧に説明して頂けるものですから、この辺りの事情に疎くともスムーズに入っていけるつくりが大変ありがたかったです。ぼんやりとした知識しかなかった私は、こちらの作品で補完できる部分がたくさんありました。

豪華絢爛、ファンタジーのような遊郭の物語ではなく、それを演出する裏側にスポットを当てているので、吉原という町での生活臭を至るところで感じることができます。この時代の中で息づいている人々に出会えるだけでも、すごく価値のあることだなぁと思うのです。

 

ところでR18作品の移植というのは他の乙女ゲームと比較した際、妙に濃ゆくなるシーンがあります。このブログではそのようなシーンに対し便宜的に『致す』と表現しますが、R18は100%致す、というか致しから始まる恋愛がある、なんなら特殊な状況の致しのために作られたようなルートもあるため、それらに触れないわけにはいきませんが、それでもあまり触れません、ということを注記しておきたいです。

なるべく下品にならないように心がけますが、上品だったことが生まれてこの方一度もなかった生き物なので、そもそも自覚のないお下劣発言をしてしまうという可能性が高すぎます。どうか引かないでほしい(祈りにも似た願い)

 

  • 遊郭や花魁、江戸時代に興味があるよ
  • 悲恋が好きだよ
  • シリアスが好きだよ

 という方には良いのでないかしらと思います。

 

 以下、物語の内容には触れていませんが、仕掛けや仕組みなどネタバレを含んだ感想を書いていますのでご注意ください。

 


ちなみにこんな感じでプレイしています。

zonna.hatenablog.com

続きを読む